アレグラFXと病院処方のアレグラの違い

アレグラは抗アレルギー薬のなかで、眠くなりにくい、副作用が少ない薬として、よく使われるようになりました。症状もよく抑えられるので、日中仕事だし、眠くなるのは困るし、でもアレルギー症状は抑えたいしと、悩んでいた方たちの救世薬として登場しました。病院でも処方されますが、市販薬としても販売されるようになり、手に入りやすい薬です。主成分はフェキソフェナジン。医薬品はアレグラ60、市販薬の商品名はアレグラFX。成分のmgは両方とも60mgで、強さはかわりませんから、効果に差はありません。通常大人の場合、1日2回服用します。市販薬も医薬品もこの点は同じです。アレルギー性鼻炎、じんましん、アレルギー性皮膚炎などに使われます。値段ですが、病院から処方していただいたほうが、保険が適用される分、単純に薬代だけとして比較すると安いです。ただ、病院で支払う、診察代、検査代などを含めてと考えると、市販薬を買うのとほとんど変わらなくなります。一度病院でアレルギー薬としてアレグラを服用したことがあり、同じ症状でまたのみたいのであれば、市販薬は病院から処方されるアレグラと同じ成分なので、おすすめです。また、アレグラFXを購入する場合、第1種医薬品に指定されている医薬品のため、薬剤師のいる薬局でしか購入ができませんので、アレグラFXを置いているドラッグストアに行っても、薬剤師が不在だと買うことができないこともあります。すぐ服用したい場合、その点は注意が必要です。市販で手軽に服用はできるようになりましたが、あくまでも症状を抑えるための薬ですから、治療するものではないので、症状が長引く場合、アレルギーの原因は何か調べたりする必要も出てきます。原因を調べるためには、病院での検査も大事ですので、上手に市販薬を服用してみてください。