アレグラFXの効果と副作用について

アレグラFXは、花粉やペットの毛、室内のほこりやダニなどが原因で起こる鼻水や鼻づまり、くしゃみといったアレルギー症状を緩和するのに効果的な薬です。
フェキソフェナジン塩酸塩が主成分になっています。
これは脳への影響が少ないため、眠気をまねいたり、集中力を低下させるといった症状になりにくい特徴があります。
そのためアレグラFXは、花粉症の薬としてよく使われています。
以前は医師の処方箋が必要な薬でしたが(アレグラ錠)、副作用が少ないため市販薬(アレグラFX)として販売されるようになりました。
でも普通の市販薬よりも注意しなければいけない度合いは高いので、薬剤師の使用説明が必要です。
また、副作用が少ないとはいえ、服用後に以下のような症状があらわれる可能性はあります。
「のど・まぶた・口唇等のはれ、発疹、かゆみ、じんましん、皮ふが赤くなる」などの症状が皮膚に、「はきけ、嘔吐、腹痛、消化不良」などの症状が消化器に、「しびれ感、頭痛、疲労、倦怠感、めまい、不眠、神経過敏、悪夢、睡眠障害」などの症状が精神神経系に、「頻尿、排尿困難」などの症状が泌尿器にあらわれる、などの症状です。その他にも「動悸、味覚異常、浮腫、胸痛、呼吸困難、血圧上昇、月経異常」を感じることもあります。
服用中に何か異変を感じたらすぐに使用を中止して、医師や薬剤師に相談することが必要です。
そして、次のことを守らなければなりません。「服用前に鼻のアレルギー薬を服用して、副作用を起こしたことのある人は服用しない」、「妊婦や授乳中の人の服用もやめる」、「本錠剤を服用期間中は他のアレルギー薬や抗ヒスタミン剤を含んでる風邪薬やせきどめ、酔い止め薬、水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウムを含んだ整腸剤などの服用はやめる」、「服用する前や後の飲酒はやめる」です。これらは現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなるため禁止されています。