人工甘味料アスパルテームは危険!食物日誌とアレグラ

人工甘味料のアスパルテームの危険性が指摘されていますが、現在でも多くの清涼飲料水などに使われているので完全に排除するのは難しいのですが、人工甘味料が使われているジュースを飲まないようにするだけで摂取量を減らすことができます。主なリスクとしては血糖値が不安定になることで腎臓や肝臓などに異常が出ることや、妊婦が過剰に摂取することで胎児の脳に障害が起きるなど様々な症状が指摘されています。アスパルテームに関しては多くの研究機関が危険性を指摘しているので、たくさん飲み過ぎることは避けなければなりません。アレグラは食物アレルギーや花粉症などに効果のある抗ヒスタミン剤ですが、食物アレルギーに関してはアレルゲンの特定が重要なので、毎日食べたものを日誌に付けておくとアレルゲンを特定するために役に立ちます。アレグラは食物アレルギーによる蕁麻疹の痒みを効果的に抑えるのですが、呼吸器などの症状が出た場合には他の薬を用いて適切な治療をしなければならないので、専門の医療機関を受診しなければなりません。アレグラは花粉症の時期に飲むことが多いのですが、鼻水やくしゃみなどの症状を抑えることができて、副作用も少ないことから小児から高齢者まで多くの花粉症患者に投与されています。ドラッグストアで販売されているものは鼻炎用のスプレーで、局所的な使用なので眠気などの副作用が無いために車の運転をする人でも安心して使うことができます。抗ヒスタミン剤は脳内に作用することで免疫機能の働きを弱めるのですが、この時に眠気や集中力の欠如の副作用が出るとされています。新しいタイプの抗ヒスタミン剤は脳に直接作用しないので眠気はほとんどないので安全性が非常に高いとされています。