花粉症にアレグラ!ハウスダストでじんましんが現れる

花粉症はアレルギー性疾患の1つです。花粉症は文字通り花粉がアレルゲンとなって引き起こされるアレルギー性疾患です。原因となる花粉としてはスギ花粉、ヒノキ花粉が主なものですが、その他にもカモガヤ花粉、ブタクサ花粉なども原因となります。花粉症はI型アレルギーに分類されます。I型アレルギーでは、抗原の体内への侵入後、マクロファージなどの抗原提示細胞に抗原が貪食され、その抗原情報がT細胞、B細胞に伝わり、B細胞がその抗原特異的なIgE抗体を産生します。そのIgE抗体が肥満細胞表面に結合し、抗原が再び体内に侵入した時にその抗体と抗原が結合します。すると肥満細胞が活性化して、肥満細胞内部の顆粒が脱顆粒します。その顆粒内には、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンといったケミカルメディエーターが含まれており、これらが全身に広がることでアレルギー反応が起こります。特にヒスタミンはアレルギー症状を引き起こす主な物質とされています。アレグラはこのヒスタミンが作用部位であるヒスタミンH1受容体に結合するのを競合的に阻害することによって抗アレルギー作用を示します。このことからアレグラは花粉症の諸症状の改善のために使用されるのです。
またハウスダストもI型アレルギーを引き起こすアレルゲンとなり得ます。I型アレルギーでは鼻炎、結膜炎だけでなく、じんましんも引き起こすことがあります。よってハウスダストからじんましんが現れることがあるのです。ハウスダストアレルギーの場合には年中アレルギー症状が出るので、じんましんなどの症状が継続的に出る場合が多いです。これはI型アレルギーであるため、当然アレグラは有効です。このようなハウスダストによるじんましんが疑われる場合にはアレグラを使用してみましょう。