アレグラの臨床研究と成人の方の服用方法

アレグラの臨床研究では有効性を示すためにプラセボと比較する試験が行われていて、じんましんやアレルギー性鼻炎に関してはアレグラの効果が世界的に認められているので、花粉症などによるアレルギー性鼻炎だけでなく、じんましんや湿疹、皮膚のかゆみにも有効です。アレグラはアレルギー症状が起きてから使用される薬なので予防的な服用方法はできませんが、花粉症の時期には定期的に服用することで症状を抑えることができるので、成人の場合は1回60ミリグラムを1日2回経口服用します。アレグラは従来の抗ヒスタミン薬と比べると眠くなることがないのですが、車の運転や精密機器の操作などに関しては慎重に行う必要があります。飲み始めの段階では眠気を感じることが多いのですが、毎日飲んでいると徐々に眠気を感じなくなるので副作用は従来の抗ヒスタミン剤よりも少ないとされています。しかし服用が長期になる場合には肝臓に負担になる場合もあるので、高齢者や子どもの場合には定期的に肝機能を検査しなければなりません。またアレグラは市販薬として鼻炎用のスプレー薬に使われているので、車を運転する場合などにはスプレータイプのアレグラを使用すると眠気を感じることがなくなります。重い副作用としてはショック症状やアナフィラキシーショック、冷や汗などがありますが、これらの症状はほとんどないので、安心して服用することができます。効き目に関しては毎日服用することで徐々に血中濃度が安定して十分な効果が出るので、数日間は服用を継続しなければ花粉症を改善することはできません。花粉症の時期が近づいた場合に予防的に服用を開始することがありますが、その場合には花粉症の時期が終わるまで飲み続けなければなりません。

花粉症にアレグラ!ハウスダストでじんましんが現れる

花粉症はアレルギー性疾患の1つです。花粉症は文字通り花粉がアレルゲンとなって引き起こされるアレルギー性疾患です。原因となる花粉としてはスギ花粉、ヒノキ花粉が主なものですが、その他にもカモガヤ花粉、ブタクサ花粉なども原因となります。花粉症はI型アレルギーに分類されます。I型アレルギーでは、抗原の体内への侵入後、マクロファージなどの抗原提示細胞に抗原が貪食され、その抗原情報がT細胞、B細胞に伝わり、B細胞がその抗原特異的なIgE抗体を産生します。そのIgE抗体が肥満細胞表面に結合し、抗原が再び体内に侵入した時にその抗体と抗原が結合します。すると肥満細胞が活性化して、肥満細胞内部の顆粒が脱顆粒します。その顆粒内には、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンといったケミカルメディエーターが含まれており、これらが全身に広がることでアレルギー反応が起こります。特にヒスタミンはアレルギー症状を引き起こす主な物質とされています。アレグラはこのヒスタミンが作用部位であるヒスタミンH1受容体に結合するのを競合的に阻害することによって抗アレルギー作用を示します。このことからアレグラは花粉症の諸症状の改善のために使用されるのです。
またハウスダストもI型アレルギーを引き起こすアレルゲンとなり得ます。I型アレルギーでは鼻炎、結膜炎だけでなく、じんましんも引き起こすことがあります。よってハウスダストからじんましんが現れることがあるのです。ハウスダストアレルギーの場合には年中アレルギー症状が出るので、じんましんなどの症状が継続的に出る場合が多いです。これはI型アレルギーであるため、当然アレグラは有効です。このようなハウスダストによるじんましんが疑われる場合にはアレグラを使用してみましょう。

アレグラとアーモンドやお好み焼きのアレルギーに注意

アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみなどに効果・効能があるアレグラは、眠くなりにくいアレルギー剤として開発されており、花粉症やアトピー性皮膚炎の患者さんなどに処方が行われています。

花粉を口から吸い込むことで喉の痛みなどの口腔内アレルギーを発症してしまった際に、アレグラで症状の緩和が期待できる他、アーモンドやお好み焼きを食べたことによるアレルギー症状に対しても効果が期待できます。アーモンドなどの食べ物も、花粉と同じように口の中が痛んだり、唇がひりひりするような同様の症状が出るためで、アレグラにより抑えることが出来ます。

アーモンドは人によっては症状がひどくなり、重篤な症状に至る場合もあるため、呼吸が苦しくなったりするようであればすぐに病院へ行くべきです。お好み焼きの場合は小麦粉に反応する人だけが発症するわけではなく、ダニにアレルギーが有る人も注意が必要です。ダニは粉ものを食料にするため、小麦粉などの袋に付着しているものを食べに集まってきます。口の部分がしっかり止められていなければ袋の中に入り込み驚くほどの数が繁殖しますし、しっかり閉じられていても使用する際に袋の周りに付着していたものが入る場合があります。よほどじっくり見てもダニが居るのには気づきにくいため、飲食店などのプロでさえもしっかりと管理していなければ、ダニを食べ物に入れてしまう可能性があります。調理で加熱されてもダニの死骸やフンはアレルギーを発症させるので、注意が必要です。

食べてすぐに症状が出たり、運動して血流が良くなりアレルギー物質が全身に運ばれたことで出る場合もあるため、病院でしっかりと診てもらってから処方を受けてアレグラを服用すると良いです。

アレルギーで注意した表示品目と処置方法

アレルギー体質の人が注意すべき表示品目はナッツ類、ゴマ、ミルク、卵などで、これらに対してアレルギー反応を起こす場合が多いので、自分が過去に検査を受けてこれらの食品のアレルギーがあった場合には避けるようにしなければなりません。アレグラは食品アレルギーのじんましんや湿疹に対して効果のある抗ヒスタミン剤なので、これらを誤って食べたときには服用することで応急的な処置をすることができますが、呼吸器や腸の調子が悪くなった場合には病院を受診して専門医による適切な処置を受けなければなりません。アレグラは第二世代の抗ヒスタミン剤と呼ばれていて、眠気や集中力の欠如などの副作用がほとんど見られないのが特徴です。アレグラの作用は脳に影響を及ぼさないので本来ならば眠気や集中力に影響を及ぼしませんが、アレルギー剤を飲むと眠くなるという思い込みによって眠気を生じる場合もあります。アレグラは花粉症の鼻炎薬として市販されている薬で、単体の成分では鼻づまりに効果がないので、血管を拡張する薬などを配合して花粉症による諸症状を抑えることが可能になっています。食物によるアレルギーは基本的には食材の劣化によってアレルゲンが増加することが原因ですが、アレルギー体質の人の場合は新鮮な食材でも体の不調が出るので、市販の食材を購入するときには表示品目をチェックしてアレルゲンが含まれていないことを確認しなければなりません。アレグラはアレルギーの症状を抑えることができますが、根本的に治療をするものではないので、花粉症の時期が来る度に服用しなければなりません。また花粉症の時期が来る前から服用していると効果的に症状を抑えることができるので、病院などでは花粉の時期が来る前からアレグラを処方する場合があります。

アレグラの値段と内臓への負担について

アレグラはヒスタミン受容体を阻害することにより、アレルギー症状を緩和する抗アレルギー薬で、花粉症やアトピー性皮膚炎、湿疹、じんましんなど、各種のアレルギー疾患の治療に広く使われています。

気になるアレグラの値段ですが、通常市販されているものを購入する場合、だいたい28錠入ったもので1900円から2000円というのが、相場です。クリニックで診断を受け、処方してもらう場合には初診料や処方箋の料金がかかり、同じく28錠入りで2000円ちょっと、といったところでしょう。ただし、この場合には2回目以降は初診料がかかりませんので、長くかかる場合には市販品を購入するよりもお得と言えるかもしれません。
もっとも、市販品を購入する場合でも、ネットの通販などでまとまった数のアレグラ錠を購入すれば、値段はもっと安くなります。60錠入りがだいたい5000円弱といったところでしょう。自分の状況に合わせて、選択しましょう。

ところで、アレグラを服用することで、内臓に負担はかからないのでしょうか。アレグラは副作用の少ない抗アレルギー薬として知られています。短期に服用する場合には、内臓への負担などはほとんど気にかけなくとも問題ないでしょう。ただし、肝機能に対する負担には注意をする必要があります。肝臓が健康である人が服用する分にはさほど問題はありませんが、肝機能障害が疑われる人が服用すると、より症状を悪化させてしまう恐れがあります。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、その症状が表には出てきません。肝機能障害があるにもかかわらず、知らずにアレグラを服用することのないよう、肝臓が気になる方は服用前に念のためチェックしておきましょう。

薬は利用してこそ意味があります。アレグラに頼るのではなく、上手にアレグラを使いこなしましょう。

人工甘味料アスパルテームは危険!食物日誌とアレグラ

人工甘味料のアスパルテームの危険性が指摘されていますが、現在でも多くの清涼飲料水などに使われているので完全に排除するのは難しいのですが、人工甘味料が使われているジュースを飲まないようにするだけで摂取量を減らすことができます。主なリスクとしては血糖値が不安定になることで腎臓や肝臓などに異常が出ることや、妊婦が過剰に摂取することで胎児の脳に障害が起きるなど様々な症状が指摘されています。アスパルテームに関しては多くの研究機関が危険性を指摘しているので、たくさん飲み過ぎることは避けなければなりません。アレグラは食物アレルギーや花粉症などに効果のある抗ヒスタミン剤ですが、食物アレルギーに関してはアレルゲンの特定が重要なので、毎日食べたものを日誌に付けておくとアレルゲンを特定するために役に立ちます。アレグラは食物アレルギーによる蕁麻疹の痒みを効果的に抑えるのですが、呼吸器などの症状が出た場合には他の薬を用いて適切な治療をしなければならないので、専門の医療機関を受診しなければなりません。アレグラは花粉症の時期に飲むことが多いのですが、鼻水やくしゃみなどの症状を抑えることができて、副作用も少ないことから小児から高齢者まで多くの花粉症患者に投与されています。ドラッグストアで販売されているものは鼻炎用のスプレーで、局所的な使用なので眠気などの副作用が無いために車の運転をする人でも安心して使うことができます。抗ヒスタミン剤は脳内に作用することで免疫機能の働きを弱めるのですが、この時に眠気や集中力の欠如の副作用が出るとされています。新しいタイプの抗ヒスタミン剤は脳に直接作用しないので眠気はほとんどないので安全性が非常に高いとされています。

アレルギー患者は給食に注意!花粉症鼻炎にアレグラ

アレルギーの方は年々増加傾向にあります。これには近年の衛生環境の改善が関与しているとも言われています。特に小児の頃からアレルギーに悩まされている方が多いです。特に食物アレルギーを持つ子供は大変多いです。そこで注意しなければならないのが給食です。給食は不特定多数を対象として作られた食事です。よって個々のアレルギーに対する配慮がなされているわけではありません。特に両親のいない場所での食事となるのでアレルギーの原因食品に気づいてくれる人もいません。そのようなことが原因で起こる食物アレルギー対策にアレグラを常備しておくといいでしょう。アレグラは食物アレルギーの原因となるヒスタミンというケミカルメディエーターの機能を阻害することでアレルギー症状を改善、予防します。ちょっとした異変があった時に飲めるようにしておくといいでしょう。また近年アレグラドライシロップという粉薬の子供でも飲みやすい商品が発売されたため、小さな子供でも使いやすくなってきています。
また花粉症にもアレグラは有効な薬です。花粉症は文字通り花粉がアレルギーの原因物質となって起こるもので、症状としては鼻水、鼻づまり、くしゃみといった鼻炎症状、目のかゆみ、充血、流涙といった結膜炎症状などがあります。特に鼻炎の症状は現れやすい症状の1つです。鼻炎の症状はヒスタミンが引き起こします。ヒスタミンは血管に作用して、血管を拡張させ、血管が多数通っている鼻粘膜を腫れさせて、鼻づまりの症状を引き起こしたり、鼻水を出やすくしたりします。このことからヒスタミンの機能を阻害するアレグラは花粉症の鼻炎症状にはぴったりの薬と言えます。
ぜひ食物アレルギーや花粉症にはアレグラを使用してみて下さい。

アレグラFXと病院処方のアレグラの違い

アレグラは抗アレルギー薬のなかで、眠くなりにくい、副作用が少ない薬として、よく使われるようになりました。症状もよく抑えられるので、日中仕事だし、眠くなるのは困るし、でもアレルギー症状は抑えたいしと、悩んでいた方たちの救世薬として登場しました。病院でも処方されますが、市販薬としても販売されるようになり、手に入りやすい薬です。主成分はフェキソフェナジン。医薬品はアレグラ60、市販薬の商品名はアレグラFX。成分のmgは両方とも60mgで、強さはかわりませんから、効果に差はありません。通常大人の場合、1日2回服用します。市販薬も医薬品もこの点は同じです。アレルギー性鼻炎、じんましん、アレルギー性皮膚炎などに使われます。値段ですが、病院から処方していただいたほうが、保険が適用される分、単純に薬代だけとして比較すると安いです。ただ、病院で支払う、診察代、検査代などを含めてと考えると、市販薬を買うのとほとんど変わらなくなります。一度病院でアレルギー薬としてアレグラを服用したことがあり、同じ症状でまたのみたいのであれば、市販薬は病院から処方されるアレグラと同じ成分なので、おすすめです。また、アレグラFXを購入する場合、第1種医薬品に指定されている医薬品のため、薬剤師のいる薬局でしか購入ができませんので、アレグラFXを置いているドラッグストアに行っても、薬剤師が不在だと買うことができないこともあります。すぐ服用したい場合、その点は注意が必要です。市販で手軽に服用はできるようになりましたが、あくまでも症状を抑えるための薬ですから、治療するものではないので、症状が長引く場合、アレルギーの原因は何か調べたりする必要も出てきます。原因を調べるためには、病院での検査も大事ですので、上手に市販薬を服用してみてください。

アレグラFXの効果と副作用について

アレグラFXは、花粉やペットの毛、室内のほこりやダニなどが原因で起こる鼻水や鼻づまり、くしゃみといったアレルギー症状を緩和するのに効果的な薬です。
フェキソフェナジン塩酸塩が主成分になっています。
これは脳への影響が少ないため、眠気をまねいたり、集中力を低下させるといった症状になりにくい特徴があります。
そのためアレグラFXは、花粉症の薬としてよく使われています。
以前は医師の処方箋が必要な薬でしたが(アレグラ錠)、副作用が少ないため市販薬(アレグラFX)として販売されるようになりました。
でも普通の市販薬よりも注意しなければいけない度合いは高いので、薬剤師の使用説明が必要です。
また、副作用が少ないとはいえ、服用後に以下のような症状があらわれる可能性はあります。
「のど・まぶた・口唇等のはれ、発疹、かゆみ、じんましん、皮ふが赤くなる」などの症状が皮膚に、「はきけ、嘔吐、腹痛、消化不良」などの症状が消化器に、「しびれ感、頭痛、疲労、倦怠感、めまい、不眠、神経過敏、悪夢、睡眠障害」などの症状が精神神経系に、「頻尿、排尿困難」などの症状が泌尿器にあらわれる、などの症状です。その他にも「動悸、味覚異常、浮腫、胸痛、呼吸困難、血圧上昇、月経異常」を感じることもあります。
服用中に何か異変を感じたらすぐに使用を中止して、医師や薬剤師に相談することが必要です。
そして、次のことを守らなければなりません。「服用前に鼻のアレルギー薬を服用して、副作用を起こしたことのある人は服用しない」、「妊婦や授乳中の人の服用もやめる」、「本錠剤を服用期間中は他のアレルギー薬や抗ヒスタミン剤を含んでる風邪薬やせきどめ、酔い止め薬、水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウムを含んだ整腸剤などの服用はやめる」、「服用する前や後の飲酒はやめる」です。これらは現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなるため禁止されています。