• 化粧水は保湿の第一〜意識して利用することが大切

    スキンケアに利用する製品はいくつかあり、それぞれが異なる特徴を持っています。

    洗顔後、真っ先につけるのが基本であるのが化粧水の特徴です。
    これは水と言うテクスチャーであることから、肌馴染みが良く、肌を保湿することに優れたスキンケア製品であると言うのも特徴のひとつとして挙げられます。


    しっかりと保湿ができていないと、肌はあらゆるトラブルに見舞われやすくなってしまいます。

    化粧水の保湿に関するご案内です。

    また乾燥を補おうと皮脂が余計に分泌されてしまうため、メイクのりが悪くなったり、メイクが崩れやすくなる恐れもあるので化粧水を正しく使い、保湿を徹底することが重要です。


    そのためには、ただ漫然と化粧水を利用するのではなく、肌をじゅうぶんに保湿すると言う意識をもって丁寧に利用することが求められます。

    クレンジングや洗顔でメイクや汚れが落とせていない状態だと、化粧水は浸透していきませんから、まずはクレンジング、洗顔の段階で丁寧に行い、汚れを落とすことが必要です。

    もしごわつきが気になる場合は、ピーリング洗顔を行うのもひとつの方法です。



    また手が汚れていては台無しですから、手もきれいにしておきます。


    更に化粧水は、一度にたくさんの量を塗るよりは少量を何度かに分けて塗っていく方が、より肌馴染みが良くなるのでそのように使うと良いです。
    手のひら、コットン、どちらで利用しても良いですが、いずれの場合も肌を擦らないよう、また叩いたりしないことが原則です。

    そして塗り終わった後には手のひらで顔全体をやさしく覆うようにすると、浸透がより良くなることが期待できます。



    顔だけでなく首元、手のひらなどにも塗り保湿をすると、全体的な乾燥予防、エイジングケアにも効果的です。